Anchor English

迅速な仕上がり
インターネット添削・校正

どんな英文でもお任せ下さい

...
   
» ホーム
» 当サービスについて
» 添削・校正者
» 添削方法
» お引き受けする原稿
» 原稿の送信方法
» 添削に要する時間
» 料金
» お支払い方法
» オンラインにてお支払い
» 秘密保持
» FAQ - よくある質問
» お問い合わせ
"I used Anchor English Proofreading to proofread my dissertation. It was very long but they did a great job in a short time, and found many small mistakes I had missed. I'm glad to say I passed. Thank you!"
(Heidi Watkins, UK)

more comments
 
 
 
 


                    
                               
 
 
 

FAQ

よく寄せられるご質問とその回答をまとめたものです。こちらを参照して頂いても必要な情報が見つからない場合には、どうぞお気軽にご連絡下さい。

アンカーイングリッシュは、どのくらい運営しているのですか?
当サービスは1999年より営業しております。これまでに膨大な数の原稿を添削して参りました。

添削者は英語のネイティブスピーカーですか?
はい、私共の添削・校正者は、全員が英語を母国語とする者です。さらに、アメリカ英語とイギリス英語のどちらがご希望かをご指定頂くこともできます。

他社では、料金別に異なるレベルの添削を提供しているところがあります。アンカーイングリッシュはなぜ単一レベルなのですか?
私共は、異なるレベルの提供は不必要であり、ご依頼人が混乱するだけと考えます。私共の経験上、ご依頼人の要望されることは、自身の原稿を出来る限り質の良い英語で仕上げたいということです。添削者が「低レベル/簡単添削」として添削作業を行なうがために、小さな間違いは無視されるのではないかと心配したくはないはずです。ですから、当サービスでは全ての原稿を質の高い、自然で流暢な英語にて仕上げるよう努めています。
そして、当サービスではそれを大変リーズナブルな料金にて提供させて頂いております。

添削料は前払いしなければなりませんか?
いいえ、出来上がりの原稿をお受け取りになり、私共の添削・校正に満足して下さった後で構いません。
詳細は「支払方法」のページをご覧下さい。

なぜ前払い制にしないのですか?
私共は原稿を依頼して下さるお客様と信頼関係を築きたいのです。特にインターネットを介しての仕事では、お客様と直にお会いすることがほとんどありません。そこで、料金先払い制を採らないことで、私共がお客様を信頼していることを示し、私共もまた仕事の質によって信頼を示すことにしています。お客様には喜んでこれに対応して頂いております。このやり方ではだまされることが多いのではないかと思われるかもしれませんが、実はそのようなことはほとんど起こっておりません。人は、思うよりずっと誠実なのですね。

原稿の添削にどのくらいかかりますか?
「添削に要する時間」のページをご参照下さい。

料金はいくらですか?
「料金」のページをご参照下さい。

添削で何を変えたのか、どのように分かるのですか?
原稿をお返しする際、変更した部分は、違う色で分かりやすく印をつけてあります。さらには、ふたつめの出来上がり原稿として、すぐにお使い頂けるように変更箇所全てを清書し直したものも同送致します。詳細は「添削方法」のページをご参照下さい。

専門的な原稿も添削できますか?
はい、専門分野の原稿については豊富な経験を蓄積しております。当サービスのご依頼者の多くが先端科学や学術分野の研究者の方々で、高度な技術的な性質の原稿をお送り下さっております。

原稿の単語数はどのように数えるのですか?
全てのワープロソフトに「文字カウント」ツールがついています。例えば、マイクロソフトのワードではメインメニューの「ツール」をクリックすると、ドロップダウンメニューの中から「文字カウント」を見つけ選択することができます。

その他の質問については、こちらにメール下さい。

 
  Copyright © 2017 Anchor English. All rights reserved.